デスノート

[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1]

Loading...

DEATH NOTE』(デスノート)は、原作:大場つぐみ・作画:小畑健サイコサスペンス漫画である。2003年12月から2006年5月まで、「週刊少年ジャンプ」(2004年1号 - 2006年24号)に連載され、2008年2月に完結の3年後を描いた短編が掲載された。

また、これを原作とする実写映画小説アニメゲーム作品、および作中に登場する架空のノートを指す場合もある。略称は「デスノ」。

概要

2003年8月に、「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元になっている。 名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート「デスノート」を偶然手に入れ、それを使って犯罪者を次々と粛清していく主人公・夜神月(やがみ ライト)と、大量殺人犯として月を追う名探偵・L(エル)との闘いを描いた物語である。

単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)の売り上げを記録している。2004年の売り上げは、発売から1年目で年間ベスト10に入った。また、12巻までの累計発行部数は2530万部を突破した(一巻平均にて200万部を越す)。

作品テーマ等から、『アクメツ』(「週刊少年チャンピオン」掲載、2002〜2006年)・『LOST+BRAIN』(「週刊少年サンデー」連載、2008年〜)と比較されることもある。

作品の中には、裏の裏の裏を読むといった「知能戦」や「心理戦」が中心にある。これに類する手法としてはミステリーなどで使われる一種の倒叙形式になっており、夜神月とそれを追うL、メロ、ニアが互いを追いつめる要素がこの作品の見所の一つといえる。また、テンポが重視され、ドラマ性やメッセージ性は意図的に極力削ぎ落とされている。

正義・悪とは何かを問うような構成なのだが、作品完結後のインタビューでは作者である大場つぐみ・小畑健両人は善悪論をテーマとは考えておらず、大場つぐみは「正義は各々が個人で考えればいい」という要旨の発言をしている(DEATH NOTE HOW TO READ 13 真相より)。

第一部

page.1〜page.59(単行本1巻〜7巻)、アニメ版:1話〜26話

高校生夜神月(やがみ ライト)は、ある日奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、人間の名前を書き込むと書かれた人間が死ぬデスノートだった。犯罪者が存在しない理想の新世界を作るため、月は世界中の犯罪者名を次々とノートに書き込んで葬っていく。やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた大衆は殺し屋(=Killer) の意味から「キラ (KIRA)」と呼び始め、キラを「」と崇拝する者まで現れた。

一方、キラの存在を察したICPO(インターポール)は、手がけた事件を必ず解決に導く、全世界の警察を意のままに動かせる唯一の存在である謎の探偵L(エル)にキラ事件の調査を依頼。

キラを悪と見なすLは綿密な方法で、キラが日本の関東地区にいることを証明し、日本に捜査本部を設け、キラに挑む。こうして“キラ”と“L”は、それぞれの正義を掲げて対峙することになる。

第二部

page.60〜page.108(単行本7巻〜12巻)、アニメ版:27話〜37話

第一部の終了から5年後の2009年、2代目Lとなっていた月はキラ及び警察の裏のトップとして世界の本格的な改革に乗り出す。キラとLの見せ掛けの勝負を演出する裏で月は世界中のキラ信者を確実に増やしていき、その支持者は個人から国家にまで及ぶ。

Lの死の直後、養護施設ワイミーズハウスで「Lの後継者」として育てられたニアメロに管理人ロジャーからLの死が告げられていた。その後、ニアを中心にアメリカでSPK(Secret Provision for KIRA)(キラ対策特務機関)が設立される(ニア・レスター指揮官・リドナー・ジェバンニ)。

そして、謎のマフィアグループによって警察庁長官が誘拐されるも夜神月の計画によって死亡し、今度は夜神粧裕(月の妹)が誘拐され、警察庁のキラ捜査本部の保持するデスノートとの交換が要求される。この事件の対処にSPKも加わるが、月指揮の下、ノートは奪われてしまう。SPKの中心人物・Nは2代目L(月)の無能振りを批判し、アメリカでの2代目Lの実権は自分が握っていることを明らかにする。月はその後の調べによって、誘拐犯もNもLの次期後継者であるメロとニアであることを知り敵愾心を募らせる。メロはニアに勝つため、ニアはキラを捕まえるため、月は二人を殺すため、三人のプライドを賭けた戦いが始まる。

特別編

2008年に本誌11号にて、映画『L change the WorLd』の公開に伴い執筆された作品。

キラ事件から3年後、再び原因不明の死者が続出する。だが以前と違うのは日本で死を望む高齢者が次々と死んでいくことであり、その影響で日本は長寿大国1位から転落していた。日本の捜査本部やニアはデスノートによる新たなキラの犯行であると断定する。そしてニアはこの事件に対し意外な決断を下す。








素晴らしいの一言です。 画集の内容は、もちろんDEATH NOTEのイラストを中心に小畑先生が以前描いておられたヒカ碁やあやつり左近、オリジナルや義経記など、最近のお仕事の作品まで収録されており、見たことがないイラストの他に、一度は見たことがある作品でも、改めてB4サイズで見るとまた雰囲気が違い、新鮮に思い1点1点に目が奪われます。イラストによって刷られている紙も様々で、大変こだわられた画集だと思います。

以前から存在は知っていましたが、なかなか手を出せずにいました。 そして今更ながらに購入し、どっぷりとハマってしまいました。 内容の濃さ、スケールの大きさ、何につけても感動の一言です。 何度も読み返しましたが、読み終える度に思わず溜め息が出てしまいます。 何故もっと早く読まなかったのか!と悔やまれるほど。 小畑先生の丁寧な絵も素敵で引き込まれます。
感動への幕開け─第1巻!是非手に取ってご覧になってみて下さい。 Lが登場する回から更にグっと面白くなってきます。BGMも素敵です。 原作とはまた違った、素晴らしい終幕が待っています。 そこへ辿り着くまで長いけど、途中からオリジナルも入り非常に面白く、 原作を読み返してから見て行くのも楽しいと思いますよv 「・・最後まで見てきて本当に良かった・・!!」 と心から思えるアニメは生まれて初めて。

原作(アニメ)を見たあとにDVD版を見たけど、十分楽しめる。原作から話(特に最後)は変わっているが、こちらの展開もとっても秀逸!! 漫画の実写化だと違和感でたりするのが多いけど、この作品はキャスティングもぴったり。特にライト役の藤原竜也, L役の松山ケンイチ。 これだけの大当たりは滅多にない。

「デスノート」の落とし主「リューク」がリアルなCGで描写されており、現実と架空世界の狭間にいるような錯覚を覚える。 ストーリーは余りにも有名なので割愛するとして、日本映画もまんざらじゃないなと実感できる傑作です。

45分でこの値段、お得感がありました。映画に好きな俳優さんがいる、映画DVDまで待てないそんなファンには打って付けのDVDだと思います。特に主演俳優さんの中にお気に入りがいる方にはオススメです。俳優さんの素顔が垣間見れる、俳優さんから見たキャラが分かる等魅力的です。


今までのデスノートゲームで痛い思いをしてきたのですが、 カナリ面白いです☆ 謎解き、トラップ解除、推理が主でLと一緒に物語を進めていく形 そして物語とは別にLコミュニケーターでスウィーツを食べさせ信頼度をあげながら会話?をするんですが、 信頼度が高い程、Lが優しくなり甘い台詞があります(プレーヤー性別女) ボリュームですが、あると思います

台座もスケルトンにそれぞれキャラの名前、寿命が踊っているのですが綺麗でお気に入りです ミサと比べて月のほうは少し難有り(塗装が剥げている点など)ですが十分な出来です 月は最初可動式だと知らなくて手と頭が動いて驚きました あと両方に言えることとして布の表現が上手いこと、細かい部分がとても上手く出来ていることがあげられます (なびく上着にネクタイ、スカートの表現、ベルトやデスノート等) 主人公で可動式の月、出来が抜群にいいミサは両方持っておいて損は無いです 今度はモノクロバージョンを狙おうかな

体は、立ちポーズ、座りポーズの2種付き! 座りポーズの指を立てている手首は可動可能。 左腕別パーツには携帯付きで、手首が可動可能です。 イスもあります! サンプル画像と同じく、良い出来です。 ただ、座る所が完全な平面ではない事と当然頭が大きいため、やや不安定です。 原作等で死神という言葉を聞いた時や、Lのラストのように倒れてしまわないよう気を付けましょう(笑)。

実は、箱から取り出す前は「ん?」な感じだったのですが・・・(汗)しかし実際に取り出して、顔の角度を動かしてみると、まさに夜神月!な表情を見せてくれます。特に正面で下から少しだけ見上げる角度はとても痺れます・・!僕は月派なのでかなりカッコイイと感じました。 身体のラインも他のRAHより脚が長めに造られていて、スタイルのよさや手のパーツの造りの細かさ、可動フィギュアとしての自由性はハイレベルです。様々なポーズをしてくれます!

死んだ目は再現してます笑)手足の造形は見事にLそのまま!細い指、骨張った甲、妙に綺麗な爪(月にも云える)個人的には顔より感動を覚えました(笑)可動は…定評あるメディコムさんですが、それでもL座りは至難の技です(汗)何かちっとも褒めてませんが (笑)何やかんや云っても立体化されたLでこれを超える物は出てこない、と思う出来ではありました(@^^@)

原作を全く未読でゲームをプレイしましたが、ストリーがちゃんとしているので原作を知らなくても楽しめました。肝心のゲームのシステムはヨーロッパのボードゲーム賞を獲得した「スコットランドヤード」に似ています。というか「スコットランドヤード」がベースではないでしょうか?スコットランドヤードは街に潜み、船や電車などを使って逃走する犯人を期限内に捕まえるゲーム。システムが「スコット〜」なので楽しめるのは間違いありません。またこのシステムがデスノートにとても良くマッチしています。通信対戦も面白いです。

メディコムさんは見本と商品実物の落差が惨いのですがこのミサミサは違います。 肌の色調と服の作りと色がイメージ的にグレイに落ち着いて カワイイながらも暗黒面を持った少女のイメージが良く出ています。 ちなみに肌色は白です。 むしろ見本より個人的には出来がいいと思いました。 デスノートの三人組は全員買って損はありません。 このレベルで他のアニメキャラも作っていって欲しいと思いました。

タイトル曲は映画版「デスノート」挿入歌で、ストリングスの音色が美しく壮大な作品。 スガさんによるとラブソングを正面から歌う、ということにこだわって作詞なさったそうです。 曲の方は何度も作り直したりとかなり苦労されたそうですが、素敵に仕上がっていると思います。 PVの方もドラマティックに仕上がっています。 『真夜中の貨物列車』はスガさんご自身が真夜中に走っている貨物列車を見たときに感じた不思議な感じを そのまま歌詞にされた曲だそうです。哀愁漂う雰囲気がスガさんらしくて素敵です。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク