DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

+ DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set +
デスノート last name

バップ
おすすめ度:★★★★★
最安値はこちら!

Amazon.co.jp
関連キーワード
デスノート 藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香 中村獅童


ニーソックスの戸田恵梨香が 殊(こと)の外(ほか)良かった
おすすめ度 ★★★★★

これは 戸田恵梨香を観る為の映画である事を直ぐに悟った。

強く抱き締めたら 身体が折れてしまうのでは、と心配になる程に細い、“ミサミサ”こと 戸田恵梨香の脚を包む、ボーダー柄のオーバーニーソックス姿が 大変素晴らしかった。

あの脚に挟まれたい。あの脚を開かせて、その奥に顔を埋めて見たい。‐そんな欲望が湧き上がるのを禁じ得ない。

‘脇全開’も魅せてくれた、尿意を催す監禁シーンでは、身体拘束をされたまま、衣服や太股を濡らしてくれても良かった。



原作知ってても十分面白い!!
おすすめ度 ★★★★★

原作(アニメ)を見たあとにDVD版を見たけど、十分楽しめる。原作から話(特に最後)は変わっているが、こちらの展開もとっても秀逸!!
漫画の実写化だと違和感でたりするのが多いけど、この作品はキャスティングもぴったり。特にライト役の藤原竜也, L役の松山ケンイチ。
これだけの大当たりは滅多にない。



面白いです。これ。
おすすめ度 ★★★★☆

最近の日本映画の内容の薄さにはかなり困ったものがある。特に粗製乱造気味のSF、ホラー、特撮ものがひどい。「キャシャーン」「デビルマン」「ドラゴンヘッド」の御三家は別格だが、それ以外も「リング」もどきや「呪怨」もどきのオンパレードでひどいものが多い。だから本作もあまり期待せずに観たのだが、けっこう面白かった。個人的には第二作の方に脚本のアラが目立った気がするが、第一作は導入部から一気に引き込まれた。こんなにグイグイ押す脚本は日本映画では久しぶりだ。日テレスタジオで一部撮影されているのは、製作会社の一社として同社が参画しているからだが、大元は天下の日活なのだから、日活スタジオにセットを建てて欲しかった。ワーナーのアジア映画配給の一本で、同社は古くは稲垣吾郎の「プライベートレッスン」あたりから時々コラボレートしている親アジアのハリウッドメジャーである。少なくともワーナーと日活のコラボはこの半世紀なかったはずであり、これも特筆ものだ。日本映画が苦手という人もぜひ観てほしい。ハイビジョンで観ても素晴らしい画質もお勧め。



漫画+映画で。
おすすめ度 ★★★★★

原作の作り込み+映画の纏め方で終わらせて欲しいと痛感しました。
漫画原作の映画はコアなファンと新規ファンがいる訳だから、どちらも満足する作品等望めないので、映画の作りとしては十二分。特にここまで大きな企画の実写は新規で知る人の方が多いのだから、コアと自負してる方はその辺の事情を理解して「まぁこんなもん」程度に収めるのが一番楽しく見れると思います。
やっぱり原作読者としては微妙な矛盾ともにょり感は覚えるものの、原作でも無駄と首を捻るストーリーは上手く纏めてあり、秀逸です。特にラストなんかは原作を二部でさよならした自分としては放心して感動した。それこそ終わり良ければと言う程の個人的な評価。映画には基準の時間があるので、2作で纏めるとなると詰め込むしか無いし、かといって3作にすると飽きられやすいので決断は正解かと…。

以下は個人的な解釈の感想ですが、印象深かったのが月の結末。
神を目指した月の子供じみた人間らしい終わり方が皮肉にも取れていい。
そしてLの結末。ルールを利用した勝利であるも、二人の駆け引きの最後はドローとばかりの。そして久し振りに死の美学というものを味わいました。
それと余りにもな展開を見せた原作2部を本当に上手く組み込んだアイデアも感動しました。
原作2部のデスノートルールはライトなファンにはゴチャゴチャしすぎて余計に感じられたので…


なのでオススメの楽しみ方は
映画→原作
or
原作を舐める程度→映画
です。原作を読み込んだ後では楽しみきれないかも知れません。
後者の自分は星5つです。傑作をありがとうございました。



Tv
夜神月はエリート大学生。類まれなる天才である彼は、偶然“DEATH NOTE”を手に入れた。そこに名前を書かれた者は死ぬ。将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとする。そしてその制裁は、世間で話題になり、救世主“キラ”と呼ばれるようになる。しかし、キラの正体を絞り込んでいた男がいた。彼の名前は“L”。数々の難事件を解決していた謎の名探偵で、彼はFBIや日本の警察に指示を出し、月に近づいていく…。
原作コミックが1500万部以上も売れた大ベストセラーの映画化。天才・月と天才・Lの頭脳バトルが圧巻の原作だが、この前編はプロローグ。月とLの闘いの序章といった趣。月が正義を掲げながらも、ノートを使って簡単に人殺しを重ね、何も後ろめたさを感じない姿は、ささいな理由で殺人を起こす現代人の象徴のようで背筋がゾッとする。後編で繰り広げられるであろう頭脳バトルへつながるエンディングは、続きも見たくなる作りだ。月は藤原竜也、Lは松山ケンイチが演じる。特に松山は原作のLそっくりで、ヴィジュアルも含めLファンも納得の好演だ。(斎藤 香)

ペン字 手本
コルカタ
検索エンジン一覧
不動産取引
スティーヴン・キング
デスノート last name





ビッダーズショップ売上ランキング

オークション&ショッピング BIDDERS

【楽天市場】PC市場 【楽天市場】DVD市場 【楽天市場】家電市場 【楽天市場】テレビ市場 【楽天市場】インテリア市場 【楽天市場】キッチン・食器市場
【楽天市場】ブランド市場 【楽天市場】時計市場 【楽天市場】スニーカー市場 【楽天市場】コスメ市場 【楽天市場】キッズ&ベビー市場 【楽天市場】お菓子・デザート市場
【楽天市場】自転車市場 【楽天市場】カー用品パーツ市場 【楽天市場】デジカメ市場 【楽天市場】ダイエット市場 楽天ブックストップページ 【楽天市場】焼酎市場
【楽天市場】コレクション市場 【楽天市場】ランキング市場 【楽天市場】ワイン市場 【楽天市場】日本酒市場 【楽天市場】花市場 【楽天市場】ペットグッズ市場

ほんまにうまいスイーツと果物、いっぱいありますよ♪
ほんまにうまいスイーツと果物、いっぱいありますよ♪


「大阪鶴橋産」本格キムチや韓国惣菜を全国にお届けします!3675円以上で送料無料!
「大阪鶴橋産」本格キムチや韓国惣菜を全国にお届けします!3675円以上で送料無料!





<< PREV NEXT >>

松山ケンイチ