ハイパー検索


 

DVD


公式系

公式@集英社
ドラゴンボール
ドラゴンボールGT
ドラゴンボールZ
ジャンプランド
カードダス
Dimps
バーストリミット
スパーキング!

ドラゴンボール情報

ドラゴンボールマニア
裏ドラゴンボールマニア
ドラゴンボールフィーバー
戦えDBer
Cyber-Trans
戦闘力チェッカー
Club18号
ドラゴンボール特集
ドラゴンボールの謎
ドラゴンボール占い
ドラゴンボール占い2
ドラゴンボールZ占い
ドラゴンボールAA
ドラゴンボールAA2
ドラゴンボール壁紙
ドラゴンボール同盟
ドラゴンボールで遊ぼう
ドラゴンボール同人検索
キャラ相関図


ゲーム


ニュース

ドラゴンボール ニュース
ドラゴンボール 動画
ドラゴンボール 画像
ドラゴンボール グッズ
ドラゴンボール ブログ
ドラゴンボール FAQ

書籍


お知らせ

ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板

グッズ


おすすめ

ボクササイズ
デスノート 壁紙
スラムダンク 壁紙
火の鳥 壁紙
インド ツアー
建築 設計料
マツキヨ バイト
毛玉ケア
ダージリン
簿記 3級
犬 ブラシ
ぜんそく
エクセル マクロ
道路 渋滞情報
タッチタイプ

Firefox


Powered by
Dr.Blog
[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1] [2] [3]

Loading...

ドラゴンボール』 (Dragon Ball) は鳥山明によるバトル漫画作品とこれを原作とするアニメ作品のシリーズ、及びこれらの作中に登場する架空の道具の名称。


概説

本作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの間、全519話が連載された。タイトルの正式表記は『DRAGON BALL』。各話数はそれぞれ「其之○○」という通し番号になっており、数字は漢数字で表される。


単行本は集英社より新書版で全42巻、一回り大きなA5版でカラーページと追加描き下ろしが収録された完全版全34巻が発行されている。

七つ集めるとどんな願いでも叶う玉・ドラゴンボールを軸に、ライバルや凶悪な敵との闘いを通して、主人公孫悟空とその仲間や家族の成長を描く漫画で、孫悟空の少年時代から最終回までに35年以上の歳月が流れる。

初期は冒険要素が強いが、後期になればなるほど格闘要素の色合いが濃くなるという傾向がみられる。


ストーリー

七つ集めれば、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる「神龍(シェンロン)」を呼び出すことができる、ドラゴンボール。それに関わる様々な冒険物語で、人里はなれた山奥に住む尻尾の生えた少年・孫悟空がドラゴンボールを求めて西の都から来た少女・ブルマと出会うところから物語は始まる。


やがて亀仙人の下で修行し、天下一武道会レッドリボン軍ピッコロ大魔王等との闘いを通じてたくましく成長した悟空は、兄ラディッツにより、自分が戦闘民族サイヤ人であることを知らされる。その後サイヤ人の王子ベジータと死闘を繰り広げ、永遠のライバルとなる。さらにサイヤ人をも支配する宇宙の帝王フリーザナメック星で激突、伝説の超サイヤ人に目覚める。


地球帰還後、未来から来た少年トランクスから貰った薬で命拾いした悟空は息子孫悟飯たちと共にレッドリボン軍の生き残りドクターゲロのコンピュータが作り上げた人造人間セルと闘う。その後主人公は成長した孫悟飯に変わる。悟飯は平和な学園生活の最中、宇宙最強最悪の生命体魔人ブウとの宇宙存亡をかけた闘いに巻き込まれていく。


少年期は「ドラゴンボールを求めて旅する」という冒険の要素が強かった。青年期以降になると冒険漫画の枠にとらわれず格闘の要素が前面に押し出されて、物語の中核であるドラゴンボールは蘇生などの道具として扱われるようになった。セル編以降も個性的なキャラを多数輩出し、多くの読者を魅了しつづけた。


日本での人気

日本での単行本の発行部数は2005年11月の時点での原作コミックスの日本国内公表発行部数は1億5000万部、全世界では3億部を超える。日本だけで2億部との報道もある。フリーザ編の頃にジャンプの1000票アンケートで815票の支持を獲得するなど、黄金期ジャンプの看板作品であった。


テレビアニメはシリーズ放映期間11年の内、原作部分のアニメ化作品である『ドラゴンボール』と『ドラゴンボールZ』は平均視聴率20%超を維持した。劇場版映画東映まんがまつり東映アニメフェアの中のメイン作品として17作が製作され、 総動員数4900万人を記録した。テレビゲームは1986年9月にスーパーカセットビジョンでゲーム化されて以降、40本以上発売されている他、フィギュアなどのキャラクターグッズも数多い。カードダスが 1995年に20億枚を突破するなど関連商品も大きな売り上げを記録した。


現在に於いても、その人気は健在である。さらに、完全版・DVD・ゲームが発売された2002年頃から、リバイバルブームが起きている。そのため本作品が連載・放映されていた時期には生まれていない世代でも知名度が高く、2007年に0歳から12歳の子供を持つ保護者を対象にバンダイが行ったお子様の好きなキャラクターアンケートの男女総合では常に上位に入っており、2007年現在新作として放送されていないにもかかわらず児童向けの 文房具などのグッズも多数発売されている。また2005年末より、『ドラゴンボールZ』を収録した全ページオールカラーのフィルムコミックが刊行されている。


2002年より発売されているDVDシリーズは総売上140億円を超えるヒットとなり、月刊ビデオ・インサイダー・ジャパンの主催するビデオ・オブ・ザ・イヤー2006の最優秀アニメ賞を受賞。月刊DVDナビゲーター主催のDVD・オブ・ザ・イヤー2006」でも、作品はTVアニメ・OVA部門第3位を受賞した。

Oricon Styleが「ヒーローの必殺技といえば何か?」を1000人の中・高校生から40代までの男女を対象にリサーチを行ったところ、かめはめ波が1位となった。また同アンケートの「漫画史上最強キャラクター」では孫悟空が1位となった。


世界での人気

欧米諸国や東アジア東南アジアなどのアジア諸国をはじめ、モロッコトルコなどのイスラム圏に至るまで認知度は高く、世界40ヶ国以上でアニメ放映、コミックスが発売され世界中でファンを獲得している。海外の市場規模は欧米での数年間で1兆円以上。 米国だけで4000万ドル(約44億円)。 アメリカでは、"dragonball" のキーワードが米LYCOS検索ランキングで2年連続第1位を獲得。また米Yahoo!の検索ランキングでも3位になった。中国や韓国などアジア各国では海賊版が多数出回り、版権元を悩ませている。


フランスでは1987年9月からアニメ版『ドラゴンボール』が放送されるとたちまち人気を博し、最高視聴率は67.5%に達した。1988年にはアニメ雑誌『PIFジャーナル』のテレビフィルムアニメーション部門アニメグランプリ「金のトリュフ賞」受賞、1991年にはTF1局の番組『クラブドロテ』の優秀アニメーション賞第1位、1995年には『ドラゴンボールZ』が再び同賞第1位を受賞した。 また在仏日本大使館が毎年行っている『フランスで最も有名な日本人はだれか』という調査では、鳥山明がここ数年トップを維持している。しかし、『ドラゴンボール』を始めとした日本製アニメの人気が 過熱するとともにその暴力描写などが社会問題となり、外国製アニメの放送時間を制限する「クォーター制」制定のきっかけとなった。原作コミックスは2003年6月時点で1500万部以上発行、フランス語版の完全版も出版されている。その他の欧州でも人気が高く、ドイツでは日本には無いハードカバーの豪華版が出版されている。


アメリカには1996年に進出したが、日本アニメの地位の低さ及び『Z』に関しては暴力的とみなされた事から当初は大手放送局ではなく、ローカル局で週一回、深夜や早朝5時台での放送を余儀なくされ、インターネット上ではカルト的人気を得ていたものの視聴者数は思うように伸びなかった。しかし1998年ケーブル局カートゥーンネットワークで 週5日の放送が始まると、アメリカ人の視聴形態になじんだのか、放送直後から爆発的人気を獲得し、局の視聴率記録を塗り替えるまでになった。2002年にはINFOGRAMES(現ATARI)社が欧米でのゲーム化権を獲得、北米開発のソフトが発売されると100万本を超えるヒットとなり、これを機に日本でのゲーム化権を持つバンダイも世界展開を視野に入れたドラゴンボールのゲームソフトを次々に企画、2002年以降に日本で発売されたドラゴンボールゲームの売上は優に400万本を超え、 日本でのリバイバルブームのきっかけともなった。また、アメリカのニールセン・ビデオスキャンの分析データによると、アニメ版ドラゴンボールZ・シーズン1は、2007年のアメリカのアニメDVD売上でトップを記録。アメリカでのドラゴンボールのビデオ、DVDはこれまでに合わせて2500万枚を売り上げる記録的な大ヒットとなっている。







鳥山明という人の偉大さが改めて実感できる画集です。この人の画は色褪せません、何年経っても。表紙はドラゴンボールの悟空ですが、ドラゴンボールだけでなく、ドラゴンクエストの挿絵もたくさん載っているのは、お得感があります。少しですが、フルカラーでオリジナルマンガも掲載されています。対談も掲載されており、鳥山明さんの魅力満載です。

人気漫画ゆえに長期連載で、巻数もかなりのもの。 漫画喫茶で読むには多すぎる量だし、購入するには懐と要相談です。 読んでみたいけれど、迷っている人にお薦めします。 2冊ある公式ガイドを読めば、全話の出来事がわかります。  「DB探し編 1巻(完全版) 其之一 悟空とブルマが出会う」 といったように、一話づつの出来事が全519話、番外編1話分すべて記されていますから。 これを読んだ上で全巻揃えるも良し、読みたい部分だけ揃えるも良し、です。

不動の人気を誇る国民的漫画。とにかく面白いです。今更説明は要りませんよね^^; ちなみに、随分前になりますが、「バカの壁」でお馴染みの養老孟司先生も、 某テレビ番組で、「脳にいい」と人気小説などを差し置いてこの「ドラゴンボール」を勧めていましたよ。

DRAGON BALL大全集の中でもこれは見逃せません。ドラゴンボールのあらゆるイラストがみられる嬉しすぎる一冊。私自身、ジャンプについていた様々なポスターを切り取って持っていたが、いつの間にか紛失してしまったものもあり、それがこの一冊でみられるのは感涙もの。 かっこいいものや、懐かしいもの、時が経てば経つほど味わい深くなる最高の一書。

待ちに待った元祖ドラゴンボールのDVDが発売を開始しました!Zの方もとても面白いのですが、リアルタイムで見ていた私にとっては、初期の頃の冒険アドベンチャーなストーリーを語らずドラゴンボールを語れないと思っています。悟空とブルマの出会いからこの壮大な物語は幕を開けました。本当に懐かしいです。この元祖ドラゴンボールを知らない子供達は多いと思いますが、DVD発売をきっかけに触れてほしいと思います。

この本は、原作の世界観についての詳細な説明や 物語の流れ、キャラ紹介などが掲載されており 一種のファンブック的な内容になっています。 個人的には、読者のアンケート結果(ドラゴンボールの好きなところは?、神龍に願いをかなえてもらうなら? etc)や 意外なテーマで原作のシーンを集めたりしてたところが楽しめました。 他にも、超難問のドラゴンボールテストなど、読み応え抜群な内容となっています。


全七章ありますが一章では、悟空のプロフィール・必殺技・バトルシーン・仲間の紹介などが書いてあります。原作にはないアニメオリジナルストーリーや劇場版(クウラ戦など)、GT(スーパー17号や一星龍戦)も載ってあり、ドラゴンボールの歴史を悟空視点で振り返ることが出来ます。二〜四章では、鳥山明氏との対談やフリーザ編・セル編・ブウ編を約100ページにわたって解説、五章ではアニメ版に関する秘話や設定資料が50音順にして掲載、六章ではアニメオリジナル含む全キャラ名鑑、七章では放映日を年表形式に並べて全話のストーリーを解説しています。

リアルタイムで見ていたかもしれないけど再放送で見ていた記憶のが大きい。内容的にはほとんど覚えていなかったのでとても新鮮な感じがしました。他のDBBOXもそうですが、値段が値段なので買うにはかなりの勢いが必要かと…でもDBがとにかく大好きな人だったら買っても損はしない値段だと思います!

サイヤ人編・ナメック星編(ギニュー特戦隊・フリーザ戦)・ガーリックJr編・フリーザ編その2・人造人間編が全てこのBOX一つで自由に見れます。すばらしいです。BOX購入者にとって、バラ売りは腹立たしいと感じる方もいるようですが、収納BOX・ブックレット・スペシャルディスク・ピクチャーレーベルなどBOXで買った方が得です。単品はBOXに比べ質が落ちます。単品買っとけば良かったなどとは絶対に後悔しません!

ドラゴンボールのファンなら絶対に買うべきです! やっぱりマンガだけでは物足りなさを感じます。 アニメオリジナルのシーンがかなりあるので、買って損はありません。 他の方も書かれていますが、ピッコロ対17号は 本当によく書かれていると思います。 あと18号を吸収する前、原作では描かれていなかった 第2形態セル対トランクスの戦いが描かれています。 トランクスがセルをボコボコにするシーンがカッコいいです!

無印のころにたくさんあった「冒険」というのをたくさん描いてくれましたね。 元はドラゴンボールを探す物語であったはずでしたが、いつの間にか戦いばかりの話が集中するようになっていたと思います。(もちろんそういうのも好きではあります) GTはそういう面で初心に戻ったというか。 アニメスタッフのオリジナル作品にもDBらしさがたくさん詰まっています。 描いてほしかった、見たかった、知りたかったというシーン、キャラたちの日常とかが描かれているのも魅力。

「キャラものはあまり面白くない」と勝手に思い込んでいましたが、Wiiを購入してスポーツも飽きてきた ので何かいい物がないかと探していたら非常に評価が高いので購入してみました。 非常に面白いです。 スピード感があって、DBの世界感を崩さずによくここまで仕上げたなぁ〜と感動しました。 格闘ゲームとしてのバランスも非常に良く出来ています。

このCDを購入し、プレイヤーにかけた時思わず「別の曲か!?」と 驚ける程のクリアーで優れた音質に圧倒されます。 ベースの1音1音までもがかなり明確に耳に届く。これだけでも「凄いなぁ」と新鮮な感動がある。 繊細な一音一音に耳を傾ける程、カセットテープ時代では聞き取れなかった「CDならではの聞き応え」を再発見出来るのではないでしょうか。

このCDはドラゴンボールZの名で発売された多くのCDの中から選りすぐりのベスト版です! 以前、番組放送中に出された「ヒット曲集ベスト」と違う点は、OP、ED、映画主題歌、が全て入っているところです。ですから、作品主題歌集として見た方が分かりやすいと思います。 それ以外の曲も、人気の高い曲が入っているので、初心者の方々、後乗りの方々にも、入りやすいものに仕上がっています。

ドラゴンボールの映画、全てがコンプリートされてます! しかも、画質もハイクオリティになって復活されてます! これまで幾度と無くビデオでレンタルしてましたが、これさえあれば見たいときにいつでも見られるし、画面のキレイさはビデオを遥かに凌いでます! 映像特典では、リアルタイムで放映されていた劇場予告が収録されています。 昔からのファンなら、誰もが「あ、これ懐かしい!」と思うでしょう。 付録されているブックレットも非常に豪華です!





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク