ハイパー検索


 


[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1]  [2]  [3]

Loading...

今日のおすすめ


機動戦士ガンダムSEED』(きどうせんしガンダムシード、MOBILE SUIT GUNDAM SEED)は日本アニメ。「ガンダムシリーズ」の一つ。

MBS製作により、TBS系列で2002年10月5日から2003年9月27日まで全50話が放送された。またMBS・TBSのみ2003年10月から2004年9月まで再放送された。


物語

架空の年代であるコズミック・イラ(C.E.)70年代に起きたナチュラルを代表する地球連合軍(O.M.N.I.Enforcer)コーディネイターを代表するザフト軍(Z.A.F.T.) による戦争を舞台に、少年たちが戦争に巻き込まれ戦う姿を描いていく。(この作品中で言われる「ナチュラル」とは、コーディネイターに対して遺伝子操作をしていないごく普通の人間という意味であり、 「コーディネイター」とは遺伝子操作により優れた頭脳・肉体を持たされて生まれてきた人間のことである。)


作品解説

本作は『無限のリヴァイアス』『スクライド』を手がけたサンライズ第9スタジオが制作した。監督は福田己津央。「新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」を目指して制作された。

前作『∀ガンダム』ではガンダムと名のつく機体は一体であったのとは対照的に、本作はプラモデルなどの玩具を意識してか、ガンダムと名のつく機体が多く登場し、また女性ファンを狙ってか美形キャラクターによるメロドラマ的なテイスト等もふんだんに取り入れ制作された。それゆえ多くのファンを取り込んだ一方で、前作以前のファンから叩かれることも多かった作品であり、レビューサイトなどでも賛否両論がある。


戦闘シーンにおいての駆け引きや、激しく動く肉弾戦は少なく、ビーム主体の戦闘シーンが多い。代わりに、戦闘中に専門用語を多く羅列した台詞が出てくる。また、政治の話に関してもそれほど難解にはつくられていない。

血の描写や性的な描写が他のシリーズと比べると多い。後者に関しては、放送倫理・番組向上機構に一度回答を求められている。ただ、これに関しては過剰反応や、表現の自由を損なうという意見など、放送倫理・番組向上機構自体に対する批判も多く、あくまでも一部の人の意見である。その他、他のシリーズと比べると総集編が多い。これに関しては、制作側の事情もあったとされている。

SEED」とは一部の登場人物が持つ特殊な能力を示したもので、現在まで製作されているガンダムシリーズのTVシリーズ作品としては珍しく、主役機体名にタイトルが反映されていない。

ガンダムシリーズでは初めてセル画ではなく、デジタル製作のTVシリーズである。

なお、ファンの間では、SEED の日本語訳が種であることから「(たね)」「種ガン(たねガン)」などという俗称で呼ばれている。


作品のテーマ

福田監督が公式HPのインタビューにおいて2004年9月25日付で語るところによれば、『ガンダムSEED』シリーズ第1作は、「キラとアスランを主人公に据えて『非戦』というテーマを描いた」とのことである。

また同年12月10日、同インタビューで、2作目『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』についてエグゼクティブプロデューサー 竹田菁滋もまたやはり「前作から引き続き非戦ということを訴え続けるつもりである」と述べている。加えて竹田プロデューサーは、「再選を果たしたアメリカ ブッシュ大統領ファルージャ での掃討作戦を展開し、ますます混迷を深めるイラク情勢」についても述べ、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を観ることで「視聴者が世界情勢を少しでも自分の身にひきつけて考えてもらえるようになれば」とも語っていたが、その後のインタビューで「戦争はファッションにすぎない」と語っていたとネット上で言われていた。


主要登場人物

この他の登場人物や詳しい設定などは機動戦士ガンダムSEEDの登場人物を参照のこと。







とりあえず、なんといってもMSの数が多い。これは満足です。SEED DESTINY のMSだけに限らず前作のSEEDで出た機体も全てでてくるのでぶっちゃけた話これがあれば前作は要らないかも。MSもただ数が多いだけではありません。ちゃんと機体ごとに特徴がでていて、格闘に強いもの、射撃に強いものなどにわかれており、その中から自分の十八番の機体を見つけ出すという楽しさもあります。

PS2との主な違いは、最初から全機体が使えることと、ミッションモードの追加、一部の曲を変更です。 暁の車は残念ながら外されてしまいました。 しかし、ミッションモードで音楽が追加されています。 アーケードのエクストラで戦闘前で流れるBGM、正義と自由が戦闘中に流れてくれるのは、かなりうれしいです。 評価が低されやすい作品ですが、気軽に遊べるという点では、もっと良い評価をされてもいい作品です。

商品内容を見て、タイピングソフトというよりもSEEDのダイジェスト版の気持ちで購入しました。が、タイピングとしても十分楽しめます。ストーリーはマリュー艦長の日記という設定にしてあり、タイピングは戦闘。SEED内のセリフや単語が出てきます。レベルとしてはガンダム用語があったりして少し難しいかな。でも随所でTVと同じ声優さんの音声が入っていてとても豪華。CGやMOVIEをコンプリートする!という楽しみもあり、SEEDが好きな私はこの価格で、とすごく満足しています。

ガンダムSEEDファンならこのCDは買って、まず損はないでしょう。 ガンダムSEEDの物語と共に流れていった曲たちが収録されているのですから、その曲を聞いて数々の場面が思い出されます。自分は今でも聴いています。

これまでのOP&ED&挿入歌収録です!! まさしく文句なしです!! アニメ自体は駄作評価が激しいみたいですが、音楽だけは最高です!! 余談ですが、ドラマCDのベストアルバム「THE BRIDGE」や前作seedのコンプリートベストも是非お勧めです!!

スペシャルエディション3部作の中では一番好きです。挿入シーンも非常に良かったです。クルーゼの素顔を拝める事ができ(格好良かった!)、キラとラクスのいいシーンも見ることができ、私は大満足ですね。 個人的に好きなシーンが削除されていましたが(涙)それについては本編のDVDを見ろと言うことですね。


そのまま組んでも充分良い仕上がりになるストフリ。 以前の1/100キットから格段に進化し、可動域やアクション性は驚異的なものとなった。 関節のゴールド形成色については結構否定的な意見多数だが、 同じくゴールド形成を採用している「HGUC百式+メガバズーカ」の暗めの色に較べれば、 ストフリのものは明るめなので劇中のイメージに合わせるならこれで妥当かと。

とにかくすごいの一言です。色分けは細かいところまでされていて(ごく細部のみ塗装が必要)しかもビームサーベルもクリアパーツで再現されていて、まさにガンダムSEEDの集大成とも言えるプラモデルです。ここでは文でしかすばらしさを語れませんが、とにかく買って損はありません。オススメの一品です。

この手のは、結局、自分の好きなキャラのデータが、どれだけ入っているか? ということが”すべて”のような気がします。  データ自体は、新規で描かれたようなものは見かけませんでしたが、見慣れているものがパソコンで表示できれば、キャラ好きな人には、ある意味、十分、楽しめるんじゃないでしょうか?

最初は、暁の車・焔の扉 を目的で購入しました。 SEED でも DESTINY でも気になってた曲でしたので、 買って良かったです。 カガリのテーマ曲はとても心に響きます。 私自身はキャラソン目的では無かったのですが、 聴いてみるとかなり良かった 声優さんの方々の違った面が見れたような気がします。 買った時に付いていたポスター(キラ・アスラン)も、勿体なくて壁に貼ってません。 値段は安いとは言えないけど、 間違えなくSEED・DESTINYキャラのファンにお勧めのCDです。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク