ウェブ検索


 

手塚治虫DVD


手塚治虫情報

手塚治虫ワールド
手塚治虫アニメ
オープンポスト
手塚治虫のすべて
京都手塚ワールド
手塚治虫マガジン
ニュースロケット
手塚治虫記念館
手塚治虫マニア
リボンの騎士
百鬼丸ファン
手塚治虫考察録
絶版漫画収集記録
手塚治虫研究
てづかにあん
鉄腕アトム
鉄腕アトムの謎
飛べ!鉄腕アトム

手塚治虫書籍


手塚治虫ニュース

手塚治虫ニュース
手塚治虫画像
手塚治虫動画
手塚治虫掲示板
手塚治虫ブログ
手塚治虫グッズ

手塚治虫グッズ


お知らせ

ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板

手塚治虫音楽


おすすめ

インド 旅行
二級建築士 試験
薬剤師 求人
猫 おやつ
紅茶 セイロン
簿記 3級
犬 おやつ
ぜんそく 空気清浄機

Firefox


Powered by
Dr.Blog
[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1] [2]

Loading...

手塚 治虫(てづか おさむ。初期のみおさむしと読ませた。本名:手塚 治1928年昭和3年〉11月3日 - 1989年平成元年〉2月9日)は、日本漫画家アニメーター医師大阪府豊能郡 豊中町(現在の豊中市)に生まれ、兵庫県宝塚市で育った。医学博士学位を持つ。戒名は伯藝院殿覚圓蟲聖大居士。日本のテレビアニメの先駆者、漫画の神様と呼ぶ人もいる。

医学生時代から、漫画家として活動を始めた。漫画家という職業の社会的な評価が大変低かったこともあり、漫画家と医師との二足の草鞋を履くことも考えたが、母の「好きなことをやりなさい」という言葉で専業漫画家の道を選んだエピソードはよく知られている。この他に、担当教官に医者よりも漫画家に向いていると言われた、血を見るのは苦手だった、などといった話も伝わっている。

1947年に発表した『新宝島』は、漫画に映画的(スペクタクル)な表現を導入した先鋭な作品であり、藤子不二雄、石森章太郎(後に石ノ森章太郎改名)ら後進に極めて大きな影響を与え、現代日本における漫画アニメの基礎が築かれる過程で大きな役割を果たした。

治虫(おさむし)というペンネームは昆虫のオサムシからとったものだが、「〜氏」等を付けると「オサムシシ」になってしまうため、読み方を本名の「オサム」に変更したという。デビュー作『マアチャンの日記帳』の紹介では、手塚が編集者にペンネームの読み方を伝えていなかったため、「はるむし」という振り仮名が付けられたこともある。


業績

日本における本格的ストーリー漫画、そして今日における二次元産業の開祖と言われる。しばしば舞台劇的だった漫画を映画的に変革したとも評されるが、日本でも第二次世界大戦前から赤本漫画の世界で、映画的にコマ割りされた漫画は存在していることが指摘されており、すべてを手塚が発案したわけではない。戦時中の1938年内務省から「児童読物ニ関スル指示要項」が出され、10年近く表現規制がなされていたため、戦後の少年たちにとって手塚治虫の『新宝島』の登場は衝撃的だったのである。そして、この衝撃は藤子不二雄トキワ荘グループに共有され、彼らが語り、また自伝に記したりすることで、1970年代から漫画ファンの間に流布され、神話化していったという[9]

中央での大手出版社の月刊少年誌に掲載される漫画は当時は4ページから6ページ程度だったのに対して、関西赤本漫画界を出発点にした手塚は100ページ以上のストーリー漫画を描き下ろしてヒットを飛ばした。その後、2年間で12本の赤本漫画を描き下ろした中央の漫画界に進出する。手塚は、複雑な内面を持ったキャラクターによる、悲劇もありうるドラマチックなストーリーを作品に導入し、ただ面白おかしいだけの漫画ではない、戦後の現代的な漫画の原点を築き上げた人物である[10]。現在でも、生前の功績から第一人者として「マンガの神様」の異名で崇められている(詳細は後述)。






マニアなので大人買いしました(^^)他の方もおっしゃるように、確かに紙質に光沢がかけている点は賛否両論あるかと存じます。しかし、サイズの割りにとても印刷鮮明ですし、何よりこれだけの作品が手軽に読める贅沢さは代えがたいものがあります。コレクター&手塚先生のファンならば、細かい点は問題ないです。欲を言えば、確かに手塚先生のメッセージなどはたっぷりと収録して頂きたかったです。

日本人なら誰もが知っているであろう『火の鳥』。多くの人々に愛され続けてきたこの作品には、「人間の生命と寿命」「愛」「宗教・生き様」といった私たちが生きていく上で普遍的なテーマを描いています。更に科学や文明が発達した事で、向き合わなければならない「環境問題」、「遺伝子操作・クローン技術の是非」や「ロボットと人間の共存」という、現代人とは切り離せない問題をも壮大なスケールで描いています。
もっと評価されて良い虫プロの傑作群である。 世界の実験アニメなど芸術性の高い作品を好む方には特にオススメ。 アニメーションの限界と一般公開という商業性とを追求するという 殆ど不可能に近いことに臨んだ虫プロの挑戦に拍手。 デザインと物語でしか勝負しない退屈な昨今の日本アニメとは はっきりと一線を画するアニメーションへの誠実な情熱が漲っている。

子どもに見せたくて、30年ぶりに観ました。「デジモン」を見慣れている子どもにとっては古めかしいアニメなんでしょうが、やはり設定の面白さは当時のスタイルや技術をカバーしてあまりあるようで、親子して夢中になっていました。戦乱の世に生きる厳しさ、そこで時に触れる人情のありがたさ、化け物を倒すことで人間の身体を取り戻す百鬼丸の異人としての哀しさ等には、むごい内容や差別用語の問題もありましょうが、どのような人にも訴えかける普遍的なテーマがあります。

たまにはアニメでも見ようと何気ない気持ちで手にしたのがこの映画。 原作が手塚治虫で脚本が大友克弘、監督がりんたろう。この三人で作る映画とは一体どんなもんだろうと思い、どれみて見れば・・・。 音楽と映像美。凄すぎる、アニメってこんなに凄いことができたのかと心から思った。 天使のようなティマからラストにいくにつれて悪魔のような姿になってビルの崩壊と共に落ちていくティマの顔が切ない。 見終わったら既にこの商品をクリックしていました。

従来のTVレベルのアニメを見なれている人にはつまらないかもしれないが、映画と 同じ土壌で勝負してみた場合、2000年以降のアニメではこれがまちがいなく最高傑作。 テーマ性、脚本、演出、作画どれをとっても完璧で、ヒロインの声優もすばらい。 海外でみてもこの作品のすばらしさ、芸術性の高さにはうならざるを得ないだろう。 作品を流れる一貫したトーンは、美しく崇高でありながら、残酷でそして悲しい。 ジャパニメーションもここまで来たか、と感動する1作。


第二次世界大戦当時の日本とドイツを舞台に、アドルフという名前をもつ3人の男がたどった運命を描く長編マンガです。 単行本化された時に読みましたが、読んでも内容が消化できませんでした。20年経ち再読してあらためて衝撃を受けました。古いどころか、今だからこそ読む価値があると思いました。政治、そして戦争の不条理が満載されています。

とても重くて、カラーのイラストが、たくさん入っていて、さながら手塚治虫のイラスト図鑑という感じです。この本の38ページに「手塚治虫先生とマンガ問答」という'52年6月の冒険王のシミ付きの切り抜きが掲載されていて、その当時、医者の博士号を取得するために阪大病院の小児科室にいて、本職は医者であると言っています。

三つ目がとおるは作品名と写楽という男の子が主役で三つ目になると生意気な性格になる、というくらいしか知識がなかったのですが、 最近ふっとDVDを借りて何気なく見てみたらあまりの面白さにびっくり! すぐに単行本を購入してそちらも読みながらこのDVDも見ていったのですが、 本当にうまく原作を活かしたシリーズ構成になっているなぁと思いました。

TVアニメのリボンの騎士を見て育った私にとっては、りぼんの騎士と言えば原作よりもアニメ版です。 懐かしさのあまりDVDを購入したのですが、今見てもまったく古さを感じさせません。特にヘケートやフランツなど登場する人物やシーンによって音楽が変わるところなどミュージカル性があって十分楽しめます。

「叙情の漫画家」と評される村野氏の個性がいたるところにちりばめられており、小さな子供とも楽しく見られます。クライマックスの対決、そして「戦いではなくて優しさこそが大切」という結末は日本のアニメ史上に残る名シーンだと思います。

小さいときからジャングル大帝大好きでした。そのおかげで動物好きになったと言っても過言ではありません。この作品の中には、「絶対的に悪い奴」はいません。善と悪、その両方をもっているのが生き物というものなのだ、という風に登場人物が出てきます。

21世紀BJ待望の劇場版です。劇場公開時、テレビシリーズではオープニングムービーにしか登場していないBJ永遠のライバル“ドクターキリコ”の満を持しての登場に、キリコファンの私にとっては鳥肌モノ…鹿賀丈史さんの声も思いのほかピッタリで素敵です。願わくば大塚BJシリーズには末永く続いてほしいものです。原作ファンにとってはアニメ化に際してのアレンジなどに多少好き嫌いがあるかと思いますが、手塚アニメファンには絶対外せない作品です。

「マグマ大使」は「ウルトラマン」のような実写怪獣ものとして過去に映像化されていますので、そのイメージが強い方も多いかと思います。 しかし、原作は「火の鳥」のような壮大さと、「バンパイヤ」のようなエスピオナージ、それに海外のSF小説のようなインベーダーSFでして・・・・海外映画でいえば、「V」のような名作。

これは子供の頃本放送も再放送も見ていたんですが、内容は殆ど憶えていませんでした。今見直すと、やはり後の「ガンダム」に見られた富野さんの演出がすでにここで幾つか表現されてて興味深いです。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク